スポンサードリンク

輸出は2月が底でも、回復力が課題

 昨年秋以降、急落していた輸出は鉱工業生産と同様に2月が底に回復傾向にある。鉱工業生産の底打ちは減産による在庫調整の進展した結果だが、輸出が回復に転じた効果もある。輸出の動向は財務省「貿易統計」の輸出数量指数で推測できる。


 輸出数量指数は2008年6月に前年同月比で1.5%減と前年水準を下回り、翌7月は8.9%増と盛り返して浮上したが、8月の1.1%減以降は水面下に潜ったままである。それも、水深はどんどん深くなり、10月までは1桁台の減少だったが、11月には22.7%減、さらに09年1月には45.4%減とほぼ半減である。しかし、その後は2月を底に、3月41.1%減、4月35.9%減、5月36.0%減と減少に向かった時と比べれば遅々たる速度で、5月は回復中断気配がみられるが、減少幅は縮小傾向にある。



地域別輸出指数の前年比伸び率の推移
続きを読む >>
| 2009年07月01日 | 貿易 | comments(0) | - |

輸出の議論は貿易統計の数量指数で

 前回のレポートで景気が変調をもたらしている要因として、米国向けの減少から輸出の数量指数が2月からほぼ前年並水準まで低下していることを指摘したが、その後も輸出に関して議論の対象にはなっていない。理由として、金額ベースでは依然として高い伸びをしていることが挙げられる。


経済成長率を議論する場合は実質GDP(国内総生産)を取り上げ、名目GDPは物価上昇との関係で議論の対象になる程度である。GDPの需要構成項目(正確にはGDE=Gross Domesutic Expenditureの構成項目になる)としての輸出は当然、実質である。通常、貿易統計で何月の輸出の伸びは前年比○○%増・減という場合、金額ベースになる。それも円ベースで、国際商品はドルベースであるため、為替レートの影響も受け、これを輸出動向の判断には使えない。
続きを読む >>
| 2007年07月01日 | 貿易 | comments(0) | - |

2007年度の日本経済も輸出主導の回復感の乏しい上昇

 内閣府が12月8日、2006年7〜9月期の第2次GDP速報値を発表したのを受け、各機関の07年度経済見通しがほぼ出揃い、19日には政府見通しも閣議決定された。07年度経済見通しでは、各機関による格差がほとんどないのが特徴で、戦後最長の景気上昇期間記録「いざなぎ景気」を06年11月に抜いた後も、輸出主導で回復感が広がらないまま上昇を続ける予測で一致している。
続きを読む >>
| 2007年01月01日 | 貿易 | comments(0) | - |
スポンサードリンク
Copyright (C) 貿易 | 経済への視点. All Rights Reserved.