スポンサードリンク

産業別就業者構成からみた空洞化問題−日本より韓国の方が−

 為替レートが1ドル=70円台後半の推移が長期化している。さらに、ギリシャ問題から一段の円高も予想される状況になり、産業空洞化、製造業の海外流出を懸念する声がより強まっている。今回は産業活動を支える就業者数の構成を国際比較することで、産業空洞化を考える。


 就業者数をILO統計でみると、2008年の製造業就業者数の構成比は日本が18.4%であるのに対し、製造業の衰退が著しく、空洞化が顕著な米国は10.9%でしかない。一方、ドイツは日本を上回る22.0%である。日本は今後の空洞化が心配されているだけで、08年には空洞化しているという見方が無かったことからみれば、就業者構成比で20%近い段階では空洞化ではないと判断できる。ちなみに、米国は製造業が少ないのに対し、金融仲介業、教育、保健衛生・社会事業などが多い。


 長期的な就業者数の製造業構成比の推移は、米国は1970年には27.3%であったのが、80年22.1%、90年18.0%、00年14.7%と一貫して低下傾向である。すでに80年頃には貿易収支の悪化から米国製造業の衰退がいわれていたが、当時の製造業構成比は20%前後であり、この間に空洞化水準が低下していることになる。


 要因としては、経済が発展し、所得水準が向上すれば、相対的にサービス財への需要が高まることが挙げられる。加えて、労働生産性の上昇率は製造業に比べて、サービス産業は低い。結果、製造業の就業者構成比が長期的に低下する一方、サービス産業の従業者構成比が高まるのは一般的な現象であり、空洞化水準が低下しても不思議ではない。


 日本の製造業構成比は73年の27.4%がピークになり、35年間で10ポイントほどの低下になる。この間、80年24.7%、90年24.3%、00年20.5%で、米国より低下速度は大幅に遅い。また、実数では92年の1,569万人がピークで、08年は25.2%減の1,174万人になる。ドイツは90年に再統合しているため、それ以前は不明で、91年の製造業構成比は31.1%で、低下していることには変わりはないが、低下速度は日本より少し速く、日本とドイツの格差は縮小傾向にある。


 円がニクソン・ショックで1ドル=360円が終焉する以前から、ドイツは西ドイツのマルク時代に為替レートが着実に上昇していた。また、再統一ドイツ成立後は賃金コストの安い東欧諸国がECに加入し、それら諸国に工場が移転することで、空洞化を懸念する意見もあった。現実には、製造業がまだ顕在であることに変わりはないことからも、為替レートの上昇だけで空洞化というのは短絡過ぎる。


 もちろん、長期的に日本も米国と同様に空洞化する可能性はある。米国では優秀な人材が製造業でなく金融業に行き、製造業の技術革新が遅れていると以前からいわれ、それが金融仲介業の就業者構成に現れている。今回の金融危機の要因にもなったといえる。日本も製造業を評価する社会でなくなり、人材が枯渇してくれば、同様の事態はあり得る。


 また、日本の空洞化では韓国との競争で指摘される場合もある。つまり、韓国に負けて日本の製造業が衰退する懸念である。ところが、08年の韓国の製造業就業者構成比は16.8%で、日本より低い。もちろん、まだ上昇過程で低いのであれば、脅威といえるが、89年の27.8%をピークに、19年間で11ポイントの低下である。ピーク水準はほぼ日本と同じだが、その後の低下速度は早いことから考えれば、むしろ、韓国の方が空洞化の可能性が高いといえる。実数でも91年の503万人がピークで、08年は21.3%減の396万人である。


 造船に始まり、電子機器や自動車などで日本が韓国との競争で劣勢にあり、韓国を脅威とする意見がこれらの関連企業から聞かれる。しかし、韓国が強いのは一部の製造業で、その他の製造業や中小企業はそうではない。現実に韓国の企業に押されている日本企業が自社の現実から韓国を意識し、空洞化を予想するのは不思議ではないが、就業者構成からはむしろ韓国の方が早いと予測できる。




主要産業別就業者構成



日本と韓国の製造業従業者数・構成比の推移

※第1回から第10回までの内容をPDFファイルしたレポートも提供中です。
 PDFファイルにて経済レポートを入手した方は、こちらをどうぞ。




経済の視点
コミュニティー・プランナーズホームページへ戻る


JUGEMテーマ:ビジネス

| 2011年09月30日 | 景気 | comments(0) | - |
スポンサードリンク

コメント
コメント投稿フォーム:
 上の情報を次回も利用する
Copyright (C) 産業別就業者構成からみた空洞化問題−日本より韓国の方が− | 経済への視点. All Rights Reserved.